スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便不正事件 村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)

 障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、実体のない団体を障害者団体と認める証明書を作成したなどとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元係長、上村勉被告(40)の初公判が9日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。上村被告は「(偽証明書の作成は)単独でやった」と述べ、厚労省元局長、村木厚子被告(54)が指示したとする起訴内容を否定した。この事件では4人が起訴されたが、上村被告は「他の3人と共謀はしていない」と、自分一人で偽証明書を作ったと強調した。

 同罪は文書作成権限のある公務員を処罰する「身分犯」。証明書の作成権者は村木被告で、上村被告は「身分なき共犯」として起訴された。弁護側は「村木被告は偽証明書作成に無関係なので、上村被告の身分なき共犯は成立しない」としており、この日の公判で「(身分犯ではない)公文書偽造罪なら成立する」と主張した。

 上村被告は大阪地検特捜部の取り調べで、村木被告に証明書作成を指示されたとする供述調書に署名した。しかし今年2~3月に村木被告の公判に証人出廷した際、「村木被告から指示されていない」「検察のでっち上げ」などと供述調書を否定。この日の公判でも改めて村木被告との共謀を否定した。

 起訴状によると、上村被告は04年6月上旬ごろ、村木被告や実体のない障害者団体「凜(りん))の会」(解散)の倉沢邦夫(74)、河野克史(こうのただし)(69)両被告と共謀し、同会を障害者団体と認める偽証明書を作成したとされる。また同年5月中旬ごろ、証明書の作成手続きが進んでいることを示す内容虚偽の稟議書(りんぎしょ)を作成し、ファクスで同会に送ったとされる。

 上村被告は公判前整理手続きが長引き、この事件の4被告の中で最後に公判が始まった。これまでの公判前整理手続きで、村木被告ら他の3被告との共謀の有無▽村木被告の関与を認めた供述調書の任意性▽適用する罪名--などに争点が絞られている。今後の公判では、上村被告を取り調べた検事や倉沢、河野両被告、厚労省の前任係長ら8人の証人尋問が行われ、11月に結審する見通し。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:厚労省元係長の初公判は6月9日 大阪地裁
郵便不正:弁護側「無罪を実感」 検察側は敗北感にじませ
郵便不正:村木元局長、無罪の公算大 部下の供述不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検

小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
首相動静(6月4日)(時事通信)
<APEC>閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)
果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用―科技機構(時事通信)
口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

たかやなぎしげるさん

Author:たかやなぎしげるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。